DAF20

『DAF20』は取り巻く状況を鑑みて、
【無観客有料ライブ配信】にて開催されます!

DAF20 出演アーティスト情報

2020/6/13 更新 各出演者の枠名と演目が発表されました。

※「枠名」は、その出演者の専門性や、その日に話す内容についての目安を2文字で表現したものです。

★Aブロック前半
1.【部屋枠】鍵麻由 (5回連続5度目)
 『「アフターコロナを生き抜く3つのカギ」』
2.【正義枠】別所謙一郎 (4度目)
 『自粛してお金と正義について考えた。』
3.【豆腐枠】豆腐屋あこ (8回連続8度目)
 『コロナの中1日も休まずリヤカーを引き続けて気がついたこと』

★Aブロック後半
4.【失敗枠】大内優 (10度目)
 『「失敗」それが今、生きている証』
5.【円満枠】篠原明夫 (3回連続3度目)
 『コロナ時代を生き抜く本物の自己肯定感』
6.【集成枠】福田剛大 (17度目)
 『DAFに学ぶ、これからの対応力とは』

★Bブロック前半
7.【老親枠】長谷川孝幸 (15度目)
 『ステイホームを「よかったもの」にしようじゃないか』
8.【行動枠】石川和男 (14度目)
 『気づいた今、動き出す!!』
9.【距離枠】シヅエ(相良照代) (9度目)
 『コロナと愛のディスタンス』

★Bブロック後半
10.【拒否枠】山田泰史 (2回連続2度目)
 『コロナだから得た3つのお金』
11.【強欲枠】大上達生 (4回連続4度目)
 『アウトローの伝える価値の増やし方』
12.【職場枠】アンディ中村 (16度目)
 『あなたの会社に「Windows」の人いますか?』

★Cブロック
13.【関西枠】西良旺子 (初出場)
 『伝える事の大切さを伝える』
14.【知覚枠】松川泰子 (5回連続5度目)
 『ウィルスとして生きたわたしが観るコロナの世界』
15.【千人枠】遠藤優子 (10回連続10度目)
 『何故この時期に動画部員1000人を達成出来たのか?』


MC:西澤一浩 (主催者)

タイトルとURLをコピーしました